外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

外壁塗装の価格をできるだけ抑える方法と費用相場の目安について

2021.09.27

外壁塗装を考えた時、まず気になるのは価格ですよね。この記事では、外壁塗装の費用相場や価格が高くなる原因、安く抑える方法を詳しく解説しています。

賢く費用を抑えるだけでなく満足のいく外壁塗装を行ってもらうためにも、ぜひ目を通してみてください。

 

外壁塗装の価格相場の目安

外壁塗装の費用相場は60~100万円程度ですが、費用は坪数や塗料の種類などによって大きく変動します。

ここでは、「坪数ごとの価格相場」「塗料別の価格相場」「塗料以外の価格相場」をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

坪数ごとの価格相場

まずは、坪数ごとの価格相場をご紹介します。

・10坪(40㎡):約20~40万円

・20坪(79㎡):約40~90万円

・30坪(119㎡):約60~100万円

・40坪(158㎡):約80~130万円

・50坪(198㎡):約90~160万円

・60坪(237㎡):約120~200万円

上記で記載した坪数は、建物の各階の床面積をすべて足した「延床面積」となっています。

例えば、「1階15坪、2階15坪の2階建て住宅」なら30坪、「1階20坪、2階15坪、3階15坪の3階建て住宅」なら50坪の欄を参考にしてください。

 

塗料別の価格相場(平米単価)

続いては、塗料別の価格相場をご紹介します。

・アクリル塗料:1,000~1,800円/㎡

・ウレタン塗料:1,500~2,500円/㎡

・シリコン塗料:1,800~3,500円/㎡

・フッ素塗料:3,000~5,000円/㎡

・無機塗料:3,500~5,000円/㎡

上記で記載した単価は、「下塗り・中塗り・上塗り」を行った場合の価格相場です。

 

塗料以外の価格相場(平米単価)

最後は、塗料以外の価格相場をご紹介します。

・仮設足場:600~800円/㎡

・高圧洗浄:100~300円/㎡

・養生:250~450円/㎡

・飛散防止ネット:100~200円/㎡

・シーリング:(増し打ち)500〜1,000円/㎡、(打ち替え)900〜1,500円/㎡

・下地補修:1,700〜2,500円/㎡

外壁塗装の費用には塗料代以外にも、上記で記載した「足場代」「人件費(施工費)」などが含まれているのを覚えておきましょう。

 

外壁塗装の価格が高くなるケース

ここでは、外壁塗装の価格が高くなるケースを4つご紹介します。トラブルを防ぐためにも、しっかり確認しておきましょう。

 

建物の種類や構造

外壁には、「モルタル」「サイディング」「タイル」「ALC」など様々な種類があります。

モルタルの場合は目地がないのでメンテナンスは必要ありませんが、サイディングやALCの場合は目地のメンテナンスが必要になるためその分費用がかかります。

3階建ての住宅であったり、外壁に付属している部品が多かったりする場合も費用が高くなりやすいので、しっかり把握しておきましょう。

 

耐久年数の長い塗料の使用

塗料には様々な種類があり、グレードが高いほど価格も高くなります。

アクリル樹脂を主成分とする「アクリル塗料」は安価で魅力的ですが、耐久年数が3~8年と短いのがデメリットです。

一方、シリコン樹脂を主成分とする「シリコン樹脂」は価格が高くなりますが、耐久性と耐水性に優れており、耐久年数が7~15年と比較的長いのがメリットです。

高価なほど耐久年数が長く塗替えの期間を延ばせるので、長期的に見てグレードの高い塗料を選ぶのがよいでしょう。

 

屋根や外壁の劣化

屋根や外壁は紫外線や雨風にさらされているため、経年とともに劣化していきます。

劣化症状は色褪せ・塗膜のはがれ・錆や苔の発生・ひび割れなど様々で、劣化状況によっては施工前に補修作業を行わなければならないケースがあります。

費用を抑えたいのであれば、劣化が進行する前に外壁塗装を行うのがよいでしょう。

お住まいの住宅が劣化しているか分からない場合は、業者の診断を受けるのをおすすめします。

 

依頼する業者

外壁塗装の費用は、依頼する業者によっても大きく変動します。

塗装を行っている業者は、「ハウスメーカー」「塗装専門業者」「地元の農協・ホームセンター」などです。

ハウスメーカーは家の建築やリフォームの知識が豊富なため安心感がありますが、価格が高いのがデメリットです。

一方、塗装専門業者は塗装の知識や技術を豊富に備えており、適正価格かつ高品質な工事を依頼できるのがメリットです。

地元の農協・ハウスメーカーは価格が安い傾向にありますが、実績数が少なく、業者の良し悪しを見極めにくいのであまりおすすめできません

インターネットでは優良業者だけを集めた見積もり比較サービスがあるので、気になる人はチェックしてみてください。

 

外壁塗装の費用を安く抑える方法

ここでは、外壁塗装の費用を安く抑える方法を4つご紹介します。お得に工事を行うためにも、しっかりチェックしておきましょう。

 

高額な塗料を使用しない

フッ素樹脂を主成分とする「フッ素塗料」や無機物を配合した「無機塗料」などは耐久性に優れていますが、高価なため費用を抑えたい人には向いていません

塗料を選ぶ時は、同じ家に何年住み続けるか、何年ごとに塗替えのメンテナンスが必要になるかを考えた上でコストパフォーマンスのよい塗料を選びましょう。

 

自治体の助成金・補助金を活用する

お住まいの地域によっては、自治体の助成金・補助金を活用できるケースがあります。

外壁塗装で受けられる制度には、「省エネ住宅改修補助金」「住宅リフォーム資金助成」などがあり、支給条件は自治体によって異なります。

これらの制度は必ずしも全ての地域にあるわけではないので、気になる人は事前に自治体のホームページや窓口で確認しておきましょう。

 

閑散期を選ぶ

夏や冬は、春や秋に比べて外壁塗装に向いていない時期なので、費用が安くなる傾向にあります。しかし夏は梅雨、冬は雪などの影響で作業が中断しやすく、工期が長くなってしまう場合があります

費用や工期などをどの程度重視したいかも考慮した上で、それぞれの季節の特徴に合わせた施工ができる優良業者に依頼するのがよいでしょう。

 

複数社に見積もりを依頼する

複数社の見積もりを比較することで、できるだけ安い業者を選べます。

中には、面積や単価の詳細を出さずに一式で見積書を提示する業者や、相場からかけ離れた金額を掲示する業者もいます。

優良業者を見極めるためにも、必ず見積もりは複数社に依頼しましょう。

当社では、無料でご相談とお見積りを実施しています。外壁塗装をお考えの人は、ぜひ一度お問い合わせください。

 

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ