外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

外壁塗装で補助金がもらえる?申請の気を付けるべきポイントを解説

2021.11.01

外壁塗装では、補助金を活用することができるのをご存知でしょうか。補助金を活用することで、費用を平均10~20万円減額させられるケースもあります。この記事では、補助金申請のポイントと注意点を解説しています。きちんと申請をし、お得におうちのメンテナンスを行いましょう。

補助金をどこに申請するか

外壁塗装の費用は塗装の範囲や使用する塗料によって変動しますが、決して安くありません。

外壁塗装をお得に行うために活用したいのが、「補助金制度」です。補助金は条件をクリアしていれば、誰でも受け取ることができます。外壁塗装の補助金を活用したい人は、お住まいの自治体に申請書類を提出しましょう。

補助金の種類(一例)

外壁塗装の補助金には、「ヒートアイランド対策」「エコリフォーム」「一般リフォーム」などのさまざまな種類があります。例えばヒートアイランド対策は、「遮熱塗料」を使い部屋の温度を下げることで、エアコンの使用量を抑えられる工事です。一方、一般リフォームは環境に配慮したヒートアイランド対策や、エコリフォームとは無関係な工事のことを指します。幅広いリフォーム工事が対象のため、条件を満たせば外壁塗装も申請可能。自治体によっては、子育て・若年世帯が実施する改修工事に対して助成制度を設けている場合もあります。補助金制度や条件は各自治体によって異なるので、まずはお住まいの市区町村のホームページや窓口で確認してみましょう。

補助金活用の注意

ここでは、補助金を活用する際に注意しなければならない6点をご紹介します。お得に外壁塗装を行うためにも、しっかり確認しておきましょう。

事前申請が必要である

外壁塗装の助成金は各自治体が示す条件を満たしていれば誰でも受け取ることができますが、施工前に必ず申請を済ませておくことが重要です。まずは、申請前にお住まいの自治体の補助金制度を確認しましょう。

期日より早く締め切られることがある

基本的にどの自治体も、支給できる補助金の額が限られています。希望者が多い場合は抽選や先着順で対象者が決まり、予想より早く募集を締め切られてしまうことも。締め切られてしまうと、補助の条件を満たしていても支援を受けることができないため注意が必要です。補助金の募集は年度はじめの4月の開始されることが多いので、補助金を活用したいのであれば早い段階で業者を探して申請を行うようにしましょう。

必ず上限額を受けとれるわけではない

補助金の目安は10~20万円程度ですが、金額は各自治体によって異なります。どれくらい助成してもらえるのか、東京都港区と千葉県我孫市を例に見ていきましょう。

東京都目黒区では、「高反射率塗料等材料費助成」を設けています。光の反射率が高い塗料を使用した際に出る補助金で、限度額は30万円程度です。

一方、千葉県我孫市では「住宅リフォーム補助金」を設けています。工事費用の5~10%の金額を助成しており、助成額は新たに二世帯となる場合や子育て世帯・単身者世帯などによって変動します。

上記のように各自治体や条件によって補助額は変わるので、必ずしも上限額が受け取れるわけではないと覚えておきましょう。

補助金を受けるための条件を確認しよう

補助金を受け取るには、「申請地域に居住している」「過去に助成を受けていない」「税金を滞納していない」などのさまざまな条件をクリアする必要があります。補助金を受けるための条件は各自治体のホームページや窓口で確認できるので、補助金の申請を行う前に必ず確認しておきましょう。インターネットで探す場合は、「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」を使うと便利。簡単にお住まいの地域の制度内容を見ることができ、窓口に行く手間も省けます。条件が少し難しい場合は、外壁塗装に精通した地元の塗装業者に問い合わせるのも手ですよ。

必要な書類を確認しよう

申請時に必要な書類は、各自治体によって異なります。基本的に以下のような書類が必要となるケースが多いので、申請書類に不備がないようにしっかりチェックしておきましょう。

・工事に関する見積書

・住宅に関する登記事項証明書

・施工前の建物写真

・税金に未納がないことの証明の書類

補助金の制度や状況によっては、以下のような書類も必要になります。

・塗料の性能に関する証明書類

・委任状

・貸主の承諾書

申請は着工前に済ませよう

繰り返しになりますが、補助金の申請は必ず着工前に済ませておきましょう。施工中や施工後では申請できないケースがほとんどです。「申請が受理されない」ということにならないためにも、見積もりを依頼する際には業者に補助金を活用したい旨を伝えておきましょう。

慎重な確認でオトクな工事を

今回は、外壁塗装の補助金について詳しく解説しました。各自治体によってさまざまな補助金制度や条件がありどれに該当するのか迷ってしまいますが、「外壁塗装の窓口」というサイトで補助金の対象かどうかを無料相談できます。また当社でも無料でお見積りとご相談を実施していますので、外壁塗装で補助金を活用したいとお考えの人は、ぜひ一度お問い合わせください。

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ