外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

外壁塗装のデザインはどう決めるべき?色の選び方のポイントも解説

2021.12.27

外壁塗装のデザインを決めるには、希望の外観をイメージすることが大切。今回の記事では、上手な色の決め方について詳しく解説していきます。外壁塗装のデザインを決めるポイントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装のデザインを決めるポイント

ここでは、外壁塗装のデザインを決めるポイントを4つご紹介します。下記を参考に、色選びのイメージを固めましょう。

希望の外壁のイメージを考える

「明るい雰囲気のデザイン」や「スタイリッシュなデザイン」など、希望の外壁のイメージを考えるのも重要なポイントです。明るい雰囲気のデザインであれば、ベースカラーには「白」「ベージュ」。一方、スタイリッシュなデザインであれば、ベースカラーには「グレー」「ネイビー」などがおすすめです。色はイメージによって絞られてくるので、色選びに迷っている人は、まず希望の外壁を思い描いてみましょう。

アクセント・ワンポイントを取り入れる

よりおしゃれな外壁にするなら、アクセントやワンポイントとして、タイルやレンガなどを取り入れるのもおすすめです。なかなか勇気が出ないという人は、ドアや窓枠にはっきりとしたカラーを取り入れるだけで、ガラッと雰囲気を変えることができますよ。

人気のツートンカラーにする

外壁は1色で一面を塗装するより、2色を組み合わせてツートンカラーにすることで、おしゃれ感がグッとアップします。失敗したくないなら同系色でまとめ、引き締めたいならセパレーションカラーでまとめるのがおすすめです。6:4程度の比率を参考に、ツートンカラーも考えてみましょう。

色選びは慎重に

外壁の色は、住まいの印象を左右する重要な役割を担っています。希望の色で塗装したい気持ちも分かりますが、白や黒は汚れが目立ちやすく、あまりにも派手な色は周囲の景観を損ねてしまう可能性があるため注意が必要です。長い目で見て、納得のいく色選びを行うのが望ましいでしょう。

外壁塗装の上手な色の選び方

ここでは、外壁塗装の上手な色の選び方をご紹介します。施工後のトラブルを防ぐためにも、しっかり確認しておきましょう。

屋根や玄関ドアとの相性を考える

外壁塗装では、外壁の色だけでなく、屋根や玄関ドアのデザイン・素材・色との相性も考えなければいけません。それらを合わせることで、ごちゃごちゃ感がなくなり、住まい全体に統一感が生まれます。基本的に屋根やドアが濃い色であれば、外壁は薄い色の方がマッチするといわれています。一方、屋根やドアが薄い色であれば、外壁も淡い色の方がマッチするといわれています。どうしても希望の色が合わない場合は、ドアの交換も可能なので頭に入れておくとよいでしょう。

色は最大3色までにする

外壁の色の組み合わせは1色でも2色でも問題はありませんが、3色以上使用してしまうとそれぞれの色の主張が強くなり、統一感がなくなってしまいます。3色を使用したいという人は、外壁の約70%を占めるベースカラー・約25%を占めるアソートカラー・約5%を占めるアクセントカラーの割合を参考に色選びを行いましょう。

汚れが目立たない色にする

外壁の人気色は、落ち着きのある薄い色や淡い色など。特に「グレー」は、外壁についた砂・土埃・カビ・コケなどと同化しやすいため、汚れが目立ちにくい色として人気があります。また、「ベージュ」「薄めのブラウン」なども比較的汚れが目立ちにくい色なので、外壁に向いていますよ。一方、汚れは目立ってしまいますが、「白」や「黒」は色褪せしにくい色として人気です。

好きな色を選びたい気持ちも分かりますが、外壁は長期的に見て汚れにくく色あせしにくい色を選ぶことをおすすめします。

カラーシュミレーションに頼りすぎない

カラーシュミレーションは、外壁の色決めの有効な方法の1つ。しかし、太陽光の下・蛍光灯の下で見る場合や、小さい面積・大きい面積で見る場合によって、色の見え方は大きく異なります。カラーシュミレーションに頼りすぎてしまうと、「想像していた色と違った」となるケースもあるため、希望の色に近い色で塗装された家を見たり、ある程度大きい面積に塗装されたものを見たりしてイメージを固めるのがおすすめです。

近隣とのバランスを考える

外壁の色を選ぶときは、近隣住宅、周囲の景色や環境にも配慮する必要があります。必ずしも近隣住宅と同じデザイン・素材・色にしなければならないということではありませんが、周囲の景観を損ねるデザインを選んでしまうと、周りから反感を買ってしまう可能性があるため注意が必要です。また、自治体によっては景観形成のガイドラインを発行しており、塗装できる色を限定している場合もあります。ガイドラインが発行されているかは、住まいの地域の自治体に確認できるので一度問い合わせてみましょう。

外壁塗装の相談は優良業者に

外壁塗装のデザインに迷っている人は、まず希望のイメージを思い描き、色を絞るところから始めましょう。中には、外壁に試し塗りをしてくれる優良業者もいるので、より外壁のイメージをつけたい人におすすめ。当社では、無料でご相談とお見積りを行っています。外壁塗装をお考えの人は、ぜひ一度お問い合わせください。

 

 

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ