外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

外壁塗装の費用相場は?見積書で見るべきポイントを解説

2022.11.18

外壁の劣化が見られたときに必要なのが外壁塗装です。

外壁塗装は新築のように住宅を美しく見せるのはもちろん、適切な時期におこなうことで住宅性能も保ってくれます。しかし、いざ業者へ依頼しようと考えたときに気になるのが、外壁塗装の費用相場ではないでしょうか。相場を理解していないと、見積書を見ても適正価格かどうか判断できません。

そこで、この記事では外壁塗装の費用相場について解説していきます。見積書で見ておくポイントと、費用を安く抑える方法も紹介しているので、塗装工事をするときの参考にしてみてください。

外壁塗装の費用相場

外壁塗装の費用相場は、30坪の場合だと約60万〜100万円程度です。窓やドアなど塗装しない部分を引いた部分を塗装面積といい、この面積によって塗装費用が変わります。

また、外壁塗装の費用は塗料代だけではありません。費用の内訳を知っておくことで、より相場をつかむことができるでしょう。さらに、同じ時期に屋根塗装を検討している人は、節約の意味でも外壁塗装と一緒におこなうのがおすすめです。

ここからは、外壁塗装費用の内訳と、屋根塗装を同時におこなうべき理由について解説していきます。

屋根塗装を同時におこなうと費用の節約に

屋根塗装も考えているなら、外装塗装をするタイミングで一緒におこなうのがおすすめです。

足場代や運搬代が1回で済むため、費用を節約できます。

費用相場は30坪で約80万〜140万円程度、外壁塗装費用から約20万〜40万円ほどプラスした金額が必要です。同時にしたほうがよいのか迷ったときには、業者に相談すると、適切なタイミングやプランを提案してくれるでしょう。

外壁塗装の費用の内訳

実は、外壁塗装の費用は塗料代だけではありません。人件費や事務手数料がかかるのはもちろん、塗装工事をするためには、塗料以外にも多くの材料が必要です。

例えば足場代や洗浄代、塗料以外の材料費などが外装塗装費用には含まれています。

また、飛散防止のネットや養生シートは、塗装が外壁以外のところにつかないようにするためにも必須です。さらに、劣化しやすいコーキングもあわせて補修するならその費用も組み込まれています。内訳を正しく理解し、費用相場をつかみましょう。

外壁塗装の費用相場は塗料によっても変動する

外壁塗装に使われる塗料は、どれも同じというわけではありません。

種類によってグレードや耐用年数が異なるため、塗料に応じて値段が変わります。

 

  耐用年数(目安) 費用(1平方メートルの目安)
フッ素樹脂塗料 約10~20年 約3,000~5,000円
アクリル樹脂塗料 約3~8年 約1,000~1,800円

 

耐久性が高いと、そのぶん費用も高くなります。しかし、安い塗料で何回も塗り直していては、結果的に多くの費用がかかってしまうでしょう。長い目で見て、どの塗料を選ぶかを決める必要があります。

外壁塗装費用に関して見積書で見るべき3つのポイント

外壁塗装工事を進めるにあたって、避けられないのが見積書の確認です。

見積書に納得した上で、業者と契約するかどうかが決まるため、見方を知っておかないと後悔するかもしれません。何もわからないまま契約すると、ずさん工事だったとしても気づけず、追加費用がかかって高額になるケースもあります。費用が安いかどうかも大切ですが、丁寧に工事を進めてもらうためにも、見積書を見るポイントを知っておきましょう。

「一式」「諸経費」という言葉が多数使われていないか

「一式」「諸経費」と曖昧な作業内容で書かれている見積書は、内容や数量が曖昧です。項目が大まかにまとまっていると、価格相場を判断できず、作業内容がわからないと不信感を抱くこともあるでしょう。

あまりに内容が不十分である場合は、手抜き工事される可能性もあり得ます。こちらが詳しい内容を聞いても答えてくれないときは、依頼しないほうが無難でしょう。

塗料のメーカー名が記載されているか

塗料にはそれぞれメーカーの名前があります。種類やグレードによって、塗料の価格が変わるので、見積書に記載があるかどうか必ずチェックしましょう。もし見積書にメーカーの記載がなければ、希望した塗料が使われているかわかりません。

また、グレードの低い塗料を使ったとしても、気づけないでしょう。価格の適正さを判断するためにも、塗料のメーカー名が記載されていないときは、業者へ確認する必要があります。

単位や数量が具体的に明記されているか

見積書の項目に、それぞれ単位や数量が明記されているかどうかも重要です。

例えば、足場や養生する範囲、1平方メートルに対する単価などが詳細に記載されているかどうか、確認してください。

単価や数量がわかれば、価格相場が算出できるのはもちろん、何にどのくらいの費用がかかっているのか理解できます。不明瞭な金額は不信感につながるため、わかりやすい見積書だと、安心して工事を任せられるでしょう。

外壁塗装の費用を安く抑える方法

外壁塗装の費用は決して安い値段ではありません。100万円近くかかる場合もあるので、できるだけ節約したいと考える人も多いはずです。

そこで、費用を安く抑えるポイントを紹介していきます。

複数の業者から見積もりを依頼する

見積書は1社のみでなく、必ず複数の業者に依頼するようにしましょう。比較対象がないと金額が高くてもわからず、後悔する可能性があります。

また、見積書を照らし合わせることで、内容の丁寧さやわかりやすさにも気づけます。複数の業者を比べてみると、見えなかった部分が見えてくるため、納得して契約できるはずです。

悪徳業者に騙されることのないように、見積書は比較して検討する必要があります。

劣化がひどくなる前におこなう

外壁の劣化が進む前に、築年数に応じて適切に塗装工事をおこなうことが大切です。

劣化がひどいと工事箇所や規模が増えてしまい、費用がかさんでしまいます。中でも、以下のような劣化症状が起こっている場合は、早めに業者へ連絡しましょう。

  • ひび割れ
  • チョーキング
  • カビの発生

チョーキングは外壁を手で触ったときに、白い粉がつく現象のことをいいます。

そのまま外壁の劣化が進むと住宅の防水性能が落ち、雨漏りの原因にもなるため、約10年を目安に塗装工事をおこなうのがおすすめです。

助成金・補助金を活用する

住んでいる地域によって、助成金や補助金が利用できる場合があります。支給対象だと、少しでも費用を抑えられるので、申請しておいて損はありません。

例えば、東京都の目黒区では「住宅リフォーム資金助成」という制度があります。助成金額は見積金額(税抜)の10%、あるいは実際の工事金額(税抜)の10%、いずれか低いほうで上限10万円です。目黒区民であることや、区内の業者を利用することなど、支給条件はいくつかあります。

助成金や補助金は、すべての地域にあるとは限らないので住んでいる地域に利用できる制度があるかどうか、あらかじめ調べておくとよいでしょう。

火災保険を活用する

加入している保険の契約内容によって異なりますが、火災保険が利用できる場合があります。

一般的に火災保険では、火災だけではなく、強風や落雷による被害も適用対象です。台風による暴風で飛んできたものによって、外壁がひび割れたときには保険が適用される可能性があります。もちろん、自然災害によって生じた破損だと塗装だけで済むレベルであっても、保険金を請求できるケースも。

ただし、経年劣化や故意的な破損は適用されない場合が多いので注意しましょう。

まずは、自分自身が加入している火災保険の適用範囲を知っておく必要があります。もし、適用されるかわからないと悩むことがあれば、保険会社に直接相談するのがおすすめです。

閑散期に依頼する

施工時期を調整すると、塗装費用が安くなる傾向があります。春や秋は雨が少なく、塗料が乾きやすいことから人気があり、業者にとって繁忙期です。

特に、秋から年末にかけては新しい気持ちで新年を迎えようとする人が増え、価格も上がります。

反対に、閑散期は梅雨時や雪が降る冬。工事できない期間が増えることで、工期が伸びることがデメリットです。しかし、どうしても安さを重視したい人は、塗装時期を閑散期にしてみるのも一つの手段といえます。

外壁塗装費用の支払いについて

外壁塗装費用は以下のように支払えます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • 電子マネー

現金が主流ですが、最近ではクレジットカードに対応している業者も増えています。さらに、現在多くの人が使っている電子マネーが利用できることも。すべての塗装店が対応しているわけではないので、依頼する業者へ確認しておきましょう。

また、高額になりがちな外壁塗装費用には、ローンが使える場合があります。そこで、ここからはローンの活用方法と、支払いに関して押さえておきたいことをまとめました。金銭トラブルはありがちなので、しっかり理解しておくことが大切です。

支払いタイミングは業者へ要確認

支払い方法にはいくつか手段があります。

  • 一括後払い
  • 一括先払い
  • 契約時または着工時と、工事完了後にそれぞれ支払う

主流は一括後払いで、工事後に支払えるため安心です。逆に一括先払いの業者は要注意。

全額支払った後に連絡がつかなくなったとなれば、トラブルに発展してしまいます。契約前には、支払いのタイミングを必ず確認することが大切です。

リフォームローンの活用

100万円近くする外壁塗装費用は高額なため、まとまったお金を用意するのが難しい場合は、ローンが利用できる業者を選ぶのがおすすめです。

業者によっては、提携ローンを紹介してくれることもあります。金融機関によって借りられる条件は異なるため、まずは依頼する塗装業者へ相談するとよいでしょう。

クーリングオフ制度

営業担当者に急かされて契約してしまった、値引きという言葉にのせられて半ば強引に印鑑を押してしまった、そんなケースもあるはずです。この場合、契約終結日を含め8日以内ならクーリングオフが利用できます。クーリングオフは悪質な訪問販売から消費者を守るために、契約を解消できる制度です。

契約書の控えが必要になるため、捨てないように注意しておきましょう。ほとんどの場合でクーリングオフは適用されますが、悩んだときには消費者センターへ相談するのがおすすめです。

「外壁塗装はまだするな?」その理由とは

外壁塗装は10年を目安におこなうといわれていますが、すべての住宅が同じとは限りません。劣化が進むと工事費用が大きくなることがあるため、早めに塗装工事をおこないたいと考える人もいるでしょう。

しかし、外壁を見ても劣化症状がよくわからないことが多く、適切な時期を判断しにくいのが現状です。そのため、塗装工事を依頼したものの、タイミング的にまだ必要ないケースもあります。

では、外壁塗装をしなくてもよいときとはいつなのか、急いで塗装工事をしなくてよい理由をまとめました。

劣化が軽い

劣化症状が出ていなければ、焦って塗装工事をする必要はありません。きれいということは、外壁を守る機能が保たれていると考えてよいでしょう。

ただし、まだ大丈夫だからと放置しすぎてしまっては、気づかないうちに劣化が進んで工事箇所が増える可能性があります。色褪せてきたと目で見てわかる症状が現れたら、劣化の初期症状です。塗装をおこなう目安として覚えておきましょう。

業者から点検を受けていない

まずは、業者から外壁の現状を点検してもらうのが先決です。外壁塗装のタイミングは難しく、外壁の現状も見てわかるようなものではありません。プロに判断してもらうことで、適切な塗装時期がわかるはずです。

雨漏りしている

雨漏りしていると、外壁塗装だけでは修復できません。

雨水が内部に侵入しているため、外壁だけではなく内部の修復工事をする必要があります。雨漏りは放置していると材木に染み込んでしまい、カビやシロアリの発生につながることもあるので重大な問題です。

住宅の寿命が縮むため、先に雨漏りしていることを業者に伝え、外壁塗装と雨漏り修理を依頼しましょう。

まとめ

外壁塗装の費用相場は30坪で約60万〜100万円程度です。決して安い値段ではないため、信頼できる業者へ依頼する必要があります。

一二三工務店には、一級塗装技能士など資格を持った職人が多数在籍中です。雨漏り修理も一貫して作業可能なので、いつでもご相談ください。

また、外壁診断から塗装工事をしなくても大丈夫な場合は、押し売りはいたしません。その旨と理由、塗り替えのタイミングまで詳しくお教えしますので安心してご依頼ください。

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ