外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

耐震リフォーム費用相場と施工内容|リフォームすべき住宅の特徴は?

2021.04.19

近年、地震に対する防災意識が高まってきており、住まいの安全性や耐震性に不安を抱いている方も多いかと思います。今回は、耐震リフォームの施工内容、耐震リフォームすべき物件の特徴について詳しく解説します!また、気になる費用やリフォームをお得に行うことができる助成金や減税制度もご紹介しますのでぜひご参考にしてください!

 

耐震リフォーム費用と施工内容

耐震リフォームは、施工内容によって費用が大きく変わる場合があります。決して安い費用ではないので、必要な耐震リフォームを予算と合わせて考えてみてください。

 

費用は【約100万円~150万円】が相場

耐震リフォームの費用は、一般的に100~150万円が相場と言われています。しかし、補強する内容や箇所によって、20万円ほどで済む場合もあれば300万円以上かかってしまう場合もあり、費用が変動しやすいので注意してください。

 

部分的耐震リフォームなら【数十万円~】可能

耐震リフォームは部分的に耐震リフォームすることが可能なのか気になる方も多いかと思います。予算内では全体的に耐震リフォームするのが難しいという方も、部分的にリフォームすることができます。以下の部分的耐震リフォームの施工例をご参考に検討してみてください。

【約20~25万円】(部分的耐震リフォームの中でもかなり費用が安い工事)

既存の柱と柱の間にブレースや接続用金具を設置することで床面が補強され、地震の横揺れに備えることができます。

【約50万円】(部分的耐震リフォームならこの工事がおすすめ)

既存の外壁にフレームや鉄筋ブレースなどをかけることで壁が補強され、耐震性を高くさせることができます。また、この工事は住まいに住みながらでもできる安易な工法ですが、内部の補強はできないデメリットがあります。

耐震に備えるためには、壁のバランスを整える、壁の強さを補う、屋根を軽量化することが重要となります。そのため、部分的耐震リフォームをお考えの方は、どこから補強したらいいのか優先順位を明確にしておく必要があります。

 

築年数、劣化具合などで費用は変動する

耐震リフォームの費用は、築年数が経っている建物や劣化具合がひどい建物の場合高額になりやすいです。このように、耐震リフォームの費用は変動しやすいので、リフォーム業者に見積もりを依頼し確認するようにしましょう。

 

耐震リフォーム費用の補助金や減税制度の一例

耐震リフォームの費用は、一定の条件を満たすことで、国や自治体によって補助金や減税制度を受けることができます。高額な費用も抑えられる可能性があるのでしっかりとチェックしておきましょう。

 

耐震改修工事に対する補助金(※大阪市の場合)

耐震改修工事には、ほとんどの自治体で補助金を受けられる制度があります。今回は、大阪市の補助金制度を例に見ていきましょう。

【補助の条件】

・大阪市内に住まいの物件があること

・住宅に面する道路などの幅が2.7m以内であること

・平成12年5月31日以前に建てられた住宅であること

・市民税や固定資産税などを滞納していないこと など

【補助の内容】

・限度額:1戸につき100万円

・補助率:改修工事にかかる費用の1/2以内

また、自治体により補助金の条件や内容は変わってくるので、自治体のホームページで確認してみましょう。

 

耐震改修促進税制【所得税や固定資産税の減税】

また、補助金制度だけでなく、一定の要件を満たす住宅について改修工事を行った場合、所得税や固定資産税が減税となる耐震改修促進税制があります。手続きには住宅耐震改修証明書が必要となるので、忘れずに発行しましょう。

 

こんな物件は要注意!耐震リフォームすべき家

地震に耐えられない物件は早急に耐震リフォームする必要があります。そこで、耐震リフォームが必要な要注意物件をいくつかご紹介していくので、現在住んでいる物件が該当していないか見てみましょう。

 

築30年以上経過している

築30年以上経過した物件は、経年劣化により耐震性が下がっているため要注意です。また、1981年以前に建てられた物件は新耐震基準が適用される前なので、現在の物件と比べると耐震性能は低くなっています。

 

災害に遭ったことがある

過去に大地震などを経験した物件は、見ただけでは分からない部分にダメージを受けている可能性があるため要注意です。こういった物件は、傾きが生じやすくなっており、地震に耐えきれない可能性があります。

 

その他、構造上の不安

そのほか、以下のような物件にも要注意していただきたいです。

【1階の外壁面積が少ない物件】

1階がビルトインガレージや倉庫になっていたり、1階に大きな窓がある物件は要注意です。1階の壁や柱の量が不十分であると、耐震性が低くなってしまうため地震に耐えきれない可能性があります。

【1階と2階の外壁ラインが違う物件】

1階と2階のバランスが悪い物件は、耐震性が低くなってしまうため要注意です。また、1階が大きい場合でも2階の外壁の下に壁がないと、建物全体に負担がかかってしまうためおすすめできません。

【地盤が弱い土地に建っている物件】

地震に弱い物件は、建物の構造だけだと思われがちですがそうではありません。建物の建っている土地の地盤が柔らかく軟弱であると、液状化現象や地盤沈下が起きる可能性が高いです。また、大きな地震が起きた際には、土地ごと崩れてしまう可能性もあるのでとても危険です。

 

 耐震リフォームもお気軽にご相談ください

一二三工務店では、経験豊富な職人が施工を行っており、施工実績は20,000件以上になります。過去に行った耐震リフォームの施工事例も、ホームページにて掲載しておりますのでご覧ください。また、施工時だけでなく、施工後のアフターフォローもしっかり行っているのでご安心を!

資料請求や見積もりは無料なので、耐震リフォームをお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ