外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

【洗面所の壁紙・クロス】水廻りだからこそ気を付けたい壁紙の選び方

2021.07.05

毎日使用する洗面所は汚れやすく、浴室とつながっていることも多いので湿気がたまりやすい場所でもあります。「壁紙選び」となるとデザインばかりを重視してしまいそうですが、機能性もとても重要。この記事では、洗面所の壁紙選びのポイントをご紹介します。DIYの注意点も参考に失敗しない壁紙リフォームを行いましょう。

洗面所の壁紙の選び方~機能性~

洗面所の壁紙には、防水・防汚機能のある壁紙や、防水・防カビ機能のある壁紙など、さまざまな「機能性壁紙」があります。洗面所を清潔で快適な空間に保つためにも、機能性のある壁紙を選ぶことは重要です。それぞれの特徴を理解し、予算と合わせてお考えください。

 

撥水・防水・防汚機能

洗面所は浴室に繋がっていることが多く、換気扇をつけても窓を開けても湿気が溜まりやすい場所になります。湿気によりカビが発生してしまう可能性もあるため、防水機能のついている壁紙を選ぶようにしましょう。

また、洗面所は顔や手を洗う度に水やお湯が飛び散るため、汚れが溜まりやすい場所でもあります。

壁紙の汚れをそのままにしておくとシミになってしまう可能性もあるので、防汚機能のついた壁紙がおすすめです。防汚機能のついた壁紙は、壁紙の内部に水や汚れの成分が浸透しにくいという特徴があります。壁紙の表面はツルツルしており、中性洗剤でサッとひと拭きするだけで汚れを落とせるためお手入れも楽々です。

 

抗菌・防カビ機能

洗面所の壁紙には、見える汚れだけでなく見えない菌も付着しています。水やお湯の飛び散り、洗濯機がある場合には洗剤の飛び散りなどでも菌が繁殖してしまうので、表面に「抗菌フィルム」がラミネート加工されている壁紙を選びましょう。

また、洗面所はカビも発生しやすく、知らないうちに広がっている可能性もあるため、防カビ機能のついた壁紙がおすすめです。さらに、吸放湿機能のついている壁紙であれば、カビの繁殖を抑えることもできます。

家族の健康を守るためにも、清潔な空間を保つようにしましょう。

 

消臭・防臭機能

洗面所は、洗面ボウルの汚れや排水口の汚れなどが原因で嫌な臭いを感じることがあります。消臭機能や臭い分解機能のついている壁紙は、人が悪臭と感じる臭いを吸着し消臭してくれるのでおすすめです。

嫌な臭いは掃除をしても取りにくいため、快適な空間を保つためにも、機能性壁紙を選びましょう。

 

洗面所の壁紙の選び方~デザイン性~

洗面所の壁紙を選ぶときのポイントは機能性だけでなく、洗面所の雰囲気に合った色、素材や質感を選ぶことが重要です。また、デザイン性の高いアクセントクロスなどを選ぶことで、ワンランク上のおしゃれな空間を演出することができます。

以下のポイントを抑え、失敗しないデザインの壁紙を選びましょう。

 

適度な明るさと清潔感を演出できる「色」

洗面所の壁紙には、明るめの色を取り入れるようにしましょう。

明るめの色には清潔感があり、狭い空間でも圧迫感を感じないため、洗面所が広く見えるメリットがあります。また、洗面所に窓がない場合は、より明るめの色を取り入れることで鏡に反射し、明るい空間を演出できます。洗面所が明るいと照明の電気消費量も抑えることができるのでおすすめです。

飽きのこないシンプルな「白」は洗面所の壁紙にピッタリですが、単調になってしまうのが嫌な場合は、立体的な模様がデザインされた壁紙もあるのでチェックしてみてください。

 

インテリアと統一した「素材」「質感」

洗面所の壁紙を決めるときは、洗面所のインテリアに統一した「素材」や「質感」を選ぶことが重要です。

例えば、和風・洋風スタイルにも馴染む木目調のクロスであれば重厚感や高級感を感じられ、タイル調のクロスであれば華やかで上品な雰囲気を感じることができます。壁紙ひとつでガラッと雰囲気が変わるので、周りの内装やインテリアとの相性を考えながら適したものを選びましょう。

また、洗面所は浴室に繋がっていることが多いため湿度が高くなりやすく、他の空間より仕上げ材の劣化が早く進みます。そのため、お手入れの簡単な凹凸のない壁紙や、湿気やカビに強い壁紙が好ましいでしょう。

 

おしゃれさを演出できる「アクセントクロス」

アクセントクロスはおしゃれな空間を演出できますが、壁一面に張ってしまうと圧迫感があり狭く感じてしまうデメリットがあります。そのため、アクセントクロスを使用したい人は、部分的に使うことを意識しましょう。

例えば、壁紙の一部をビビットな色にしたり、柄付きの壁紙にしたりするだけで、一気に洗練されたデザインに変わります。柄付きの壁紙を選ぶ場合は、大きい柄だと圧迫感を感じてしまうので、小さい柄かワンポイントのものを選ぶようにしましょう。

洗面所という狭い空間だからこそ、遊び心のあるアクセントクロスを取り入れてみるのもいいかもしれません。

 

洗面所の壁紙リフォーム、DIYでできる?

洗面所の壁紙は、ヘラやハケなどの専用道具があればDIYでもリフォームが可能です。しかし、DIYだと作業時間もかかってしまい、仕上がりも業者のようにうまくいきません。

また、うまく壁紙を貼り付けていない結果、湿気が壁の基礎に入り込んでカビの原因になる恐れもあります。洗濯機や洗面所の取り外し移動する必要もあるため、DIYはあまりおすすめできません。失敗しないためにも、洗面所の壁紙リフォームは信頼できるプロの業者に頼むようにしましょう。

弊社では見積りや相談を無料で実施しておりますので、洗面所の壁紙リフォームをお考えの人はお気軽にお問い合わせください。

 

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ