外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

【和室から洋室にする費用は高い?】リフォームで部屋を一新しよう!

2021.07.26

近年和室を洋室にリフォームしおしゃれな空間を演出する方が増えています。一室丸ごとリフォームをすると約50万円~100万円する工事ですが、部分的なリフォームだと比較的安価でリフォーム可能です。今回の記事では、和室から洋室に変更する費用や工程を紹介しています。工期についても触れているので、ぜひ参考にしてくださいね。

和室から洋室へ!リフォームをするときのポイント

和室から洋室へリフォームをする費用は、床や壁など場所により異なるため「なぜ洋室へ変更したいのか」という目的をしっかり定めることが大切です。一室丸ごと洋室にする人もいれば押入れをクローゼットに変更、畳からフローリングに変更など、希望するリフォームの内容も人により違います。

和室から洋室へリフォームをすると、部屋の雰囲気がガラリと変わり掃除も簡単。また、バリアフリーに対応できる点も洋室のメリットです。今回ご紹介する費用はあくまでも相場のため、洋室へリフォームしたい人はぜひ一度ご相談ください。お客様にとって理想的な洋室にするためのご提案をいたします!

 

床のリフォーム方法と費用

床を和風から洋風へリフォームする際は、下地の処理が大切です。畳とフローリングの決定的な違いは厚みで、床材を支える下地の配置が異なります。畳用に設置された下地のままフローリング材を配置すると、床が反る、歪むなどの原因に繋がるため、下地の追加工事が必要です。併せて、隣室や廊下との段差をそろえる作業や断熱材の設置などもリフォーム時に行う場合があります。

費用は希望する床材の種類でも変動しますが、相場は次の通りです。

・6畳…10万円~25万円
・8畳…20万円~30万円

少しでも費用を抑えたい場合は、複数の合板の上に天然材やシートを張り合わせた複合フローリング、木の質感や香りを楽しみたい方には無垢フローリングがおすすめです。

 

工期と工程

(工期)3~5日程度

(工程)
・既存の床(畳)を剥がす
・フローリングに適した下地の高さまで調節する
・新しいフローリング材を部屋の形に合わせ張っていく
・壁下部を傷や汚れから保護するための巾木を、壁と床の継ぎ目に取り付けて完了

※下地は現地調査の段階で判断されますので、下地造形が必要ない場合は工期も短くなります。

 

壁・天井のリフォーム方法と費用

和室の壁と天井は、和室に合う色合いや風合いの素材を採用しているケースが多いため、どちらか一方を洋風にしてしまうとアンバランスになる可能性があります。和室から洋室にする際、壁と天井をセットでリフォームをすると統一感が出せるのでおすすめです。

 

天井と壁のリフォームは壁紙の種類が魅力

壁や天井を洋室にリフォームする魅力は、クロス(壁紙)の豊富さにあるでしょう。子ども部屋として使用するのであれば、子どもと一緒に柄を選んでもいいですね。寝室や客間など、用途を踏まえて選んでみましょう。土壁の場合、塗装でのリフォームも可能です。

費用は希望するクロスの種類や部屋の大きさで異なり、6畳~8畳では約10万円~20万円が相場と言われています。m(メートル)単位やm2(平方メートル)単位で費用を計算する業者が多く、巾木やまわり縁など継ぎ目の施工も工事に含まれていることが多いです。

 

真壁の和室は大壁にする工事が必要

和室のデザインには、柱を露出させる「真壁(しんかべ)」という見せ方があります。素朴な木の風合いが経年とともに変化していく様子を楽しめるのが魅力ですが、洋室では柱を隠す「大壁(おおかべ)」が一般的です。真壁の場合、壁の厚み調整が必要なため、費用は壁と天井で約15万円~25万円が相場とされています。

 

工期と工程

(工期)2~4日程度

(工程)
・クロスの場合
土壁の場合、クロスを張る前に土壁を平らにする必要があります。
壁紙クロスはデザインも豊富ですし、防水性や耐久性に優れたものもあるので、予算と併せてお考えください。

・土壁塗装の場合
土壁は、剥がさず塗る方法と土壁を剥がし下地から塗る方法があります。
塗装のためカラーバリエーションも豊富なので、部屋の雰囲気に合うこだわりの一色を選べるのが魅力です。

 

押入れ・襖のリフォーム方法と費用

和室から洋室へリフォームする以外にも、部屋は和室のままで押入れを撤去したい、出入り口を襖からドアや引き戸に変更したいなど、リフォーム内容はさまざまです。まずは押入れのリフォーム方法と費用について紹介します。

 

押入れをクローゼットにリフォーム

押入れのリフォーム費用は、押入れを簡易的にクローゼットにする場合約2万円~10万円、しっかり工事を行う場合は約8万円~25万円が相場です。収納スペースが広い場合やウォークインクローゼットにする場合では、50万円前後の費用がかかります。

簡易的なリフォームは、扉(建具)の交換と中に棚を付け加える施工が中心で、押入れにアレンジを加えるイメージです。一方でしっかり工事を行う場合は、内側に仕切り材やハンガーパイプを設置して、生活スタイルに合った仕様に変更できます。

 

襖を洋室の建具(ドア)にリフォーム

襖を洋風のドアに付け替える場合、数万円~20万円が相場です。開閉ドアを希望する場合は、隣室や廊下との間に発生する段差を調整する工事が追加でかかります。一口にドアと言ってもデザインや色、ストッパーの有無など種類はさまざまです。建具のランクにより価格にも大きく差があるので、まずは予算や希望する色を選ぶことから始めましょう。弊社ではお見積りや施工だけでなく、お客様の「困った」に寄り添うご提案をしています。お気軽にご相談ください。

 

工期と工程

【押入れをリフォーム】

(工期)2~4日程度

(工程)
・ウォークインクローゼット
襖や棚の撤去、ハンガーパイプの設置、希望する場合は収納棚を新たに設置します。押入れをリフォームする方法のなかで最も大掛かりな工事のため、状況により工期が長くなることが考えられます。

扉は、大きく開閉することで全体が見渡しやすくなる「折れ戸」や、クローゼットの入口手前まで物を置くことができる「引き戸」、扉のなかで最も価格が安く経済的な「開き戸」など種類豊富です。

 

【襖をリフォーム】

(工期)数日(早くて2日前後)

(工程)
・引き戸にする
既存の枠に合う引き戸に交換する方法と、枠ごと新しいものに変える方法があります。
枠を継続して使用する交換のみになるため、非常に工期も短く経済的です。新しいものに変更する場合は見た目も一新する魅力があります。

・開閉ドアにする
隣接する部屋との段差をどのようにするか判断する必要があり、引き戸に比べると費用は高くなってしまいます。開閉ドアの魅力は気密性や断熱性に優れていることです。迷っている方は、生活スタイルにどちらが適しているかを踏まえ検討してみましょう。

 

満足できるリフォームにするためには?

リフォームに重要なのは、素材やデザインを丁寧に調査することです。素材やデザインの把握ができていないと、思い描いていたイメージとは違う印象になってしまいます。おしゃれな空間を演出するためには、空間全体の色や素材を統一させるよう心がけましょう。色も素材も似ているテイストのものを選ぶだけで、一気に部屋にまとまりがでます。

サンプルや施工例などを見てイメージを膨らませるのはもちろんのこと、希望する洋室が予算内でできるかも担当者と打ち合わせを重ねて、意見のズレがないようにしましょう。

 

和室から洋室にリフォーム!迷ったら「和モダン」もおすすめ

和室から洋室へ変更する際、どの程度洋室にするかで費用も変わります。ワンランク上のおしゃれな空間に挑戦したい方は、洋と和を組み合わせた「和モダン」もおすすめです。部屋の用途に合わせて、和室を洋室へ新しく生まれ変わらせましょう!

 

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ