外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

外壁塗装の価格相場と価格を変化させる理由5つを解説【坪数別】

2021.10.18

外壁塗装の見積りをとった時に、インターネットで調べた相場と食い違っていた経験はありませんか?

本記事では、費用と相場が食い違う理由をわかりやすく解説します。

外壁塗装の価格相場も坪数別にご紹介しているので、ご予算と照らし合わせて参考にしてください。

外壁塗装の価格相場【坪数別】

ここでは、外壁塗装の価格相場を30坪・40坪・50坪と坪数別にご紹介します。価格の相場をしっかり確認した上で、予算と併せてお考えください。

 

30坪

30坪の場合、60~100万円程度が価格相場となっています。屋根塗装も加えた場合の価格相場は、80~120万円程度です。

 

40坪

40坪の場合、80~130万円程度が価格相場となっています。屋根塗装も加えた場合の価格相場は、100~140万円程度です。

 

50坪

50坪の場合、90~160万円程度が価格相場となっています。屋根塗装も加えた場合の価格相場は、120~180万円程度です。

 

相場と食い違う理由

外壁塗装の費用は、建物の仕様や築年数、塗装の種類などによって大きく変動します。

ここでは、費用と相場が食い違う理由を5つご紹介します。トラブルを防ぐためにもしっかり覚えておきましょう。

 

建物の階数

外壁塗装の費用は、建物の階数によって変動します。なぜなら、外壁塗装を安全に行うために設置する足場の数が増えるからです。

足場設置費用の相場は、2階建て住宅では15~25万円程度ですが、3階建て住宅では30~50万円程度と高くなります。

階数が高くなるほど頑丈な足場を設置しなければならないため、相場費用に対して30,000円ほど割高になります。アパートや店舗などの場合は、外部に足場を設置しなければならないケースもあるので、さらに費用がかかると覚えておきましょう。

 

建物の仕様

建物の構造は、主に「木造」「RC造」「SRC造」「鉄筋」「鉄骨」などに分けられています。それぞれ塗装方法は変わりませんが、外壁材の種類によって外壁塗装の費用が変動します。

外壁材には「モルタル」「サイディング」「タイル」「ALC」など様々な種類があり、塗料によっては相性が合わない場合もあるので注意が必要です。

例えばモルタルの場合はクラックが発生しやすいので、ひび割れを防ぐ効果のある塗料が多く用いられています。

一方、サイディングやALCの場合は水分に弱い材質なので、防水性の高い塗料が多く用いられています。

上記に加えて、外壁に付属している部品が多い場合も費用が高くなりやすいのでしっかり把握しておきましょう。

 

建物の築年数

外壁塗装のメンテナンス時期は「10年前後が目安」と言われており、新築当初はキレイだった外壁も経年によって、汚れ・色褪せ・塗膜のふくれやはがれ・ひび割れなどの劣化が生じてきます。

外壁の劣化が進行すると建物の内部に雨水が侵入し、住まいの躯体が腐食してしまいます。劣化を放っておくと後々修繕に高額な費用がかかるケースもあるので、上記のような劣化症状が見られた時は早めに塗替えを行いましょう。

 

塗料の種類

外壁塗装用の塗料には、「アクリル塗料」「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「フッ素塗料」「無機塗料」などの非常に多くの種類があります。それぞれメリットやデメリットがあるのはもちろん、耐用年数や価格も異なります。

例えばアクリル樹脂を主成分とする「アクリル塗料」は安価で魅力的ですが、耐久年数が3~8年と短いのがデメリットです。

一方、フッ素樹脂を主成分とする「フッ素塗料」は価格が高くなりますが、耐熱性と耐寒性に優れており、耐久年数が12~20年と長いのがメリットです。

グレードが上がるほど価格も高くなりますが、長期的に見たら高い方がコストパフォーマンスがよいので、最低でも耐用年数が10年以上の塗料を選ぶようにしましょう。

 

リフォーム会社

外壁塗装を行う会社は、主に「大手ハウスメーカー」「外壁塗装専門業者」「地元の地域密着型工務店」などに分けられます。

大手ハウスメーカーは、家の建築やリフォームの知識、実績が豊富で信頼できるものの、価格が高いのがデメリットです。一方、外壁塗装専門業者は塗装の知識や技術を豊富に備えており、高度な工事でも依頼できるのがメリットです。

地元の地域密着型工務店は対応が早くて価格が安い傾向にありますが、業者の良し悪しを見極めにくいのであまりおすすめできません。

上記のように依頼する業者によって費用が変動するので、それぞれのメリットやデメリットを踏まえた上で、優良業者を選びましょう。インターネットでは優良業者だけを集めた見積もり比較サービスがあるので、気になる人はチェックしてみてください。

 

まとめ

外壁塗装の費用は坪数だけでなく、建物の仕様や築年数、使用する塗料に種類によっても変動します。費用を抑えたい人は複数社に見積もりを依頼して、比較することも重要です。

中には詳しい内訳を出さずに大まかな内容の見積書を提示する業者や、相場からかけ離れた金額を掲示する業者もいます。適正価格で高品質な施工を行ってくれる業者を見極めるためにも、必ず見積もりは複数社に依頼しましょう。

当社では、無料でご相談とお見積りを行っています。外壁塗装をお考えの人は、ぜひ一度お問い合わせください。

 

 

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ