外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

外壁塗装はなぜ必要?塗装の必要性と実施の目安を徹底解説

2022.01.17

外壁塗装は10年が目安と言われることが多いですが、そもそもなぜ必要なのでしょうか。今回の記事では、外壁塗装はなぜやるべきなのか、やらないとどうなるのか、いつやればいいのかなど、気になる疑問を詳しく解説していきます。

外壁塗装はなぜ必要

日本の約7割の建物に使用されている「サイディング」「ALC」「木材」などの外壁材は、定期的に塗装する必要があります。ここでは、外壁塗装はなぜ必要なのかについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

本来の目的は建物の保護

建物は、日々の紫外線や雨風によって徐々に劣化していきます。この劣化を放置すると塗膜の防水性が低下し、建物全体の寿命を縮めてしまう可能性があります。定期的に外壁塗装を行えば、塗膜の防水性が高まり、住まいの寿命も伸びるため、外壁塗装はとても重要な役割を果たしているということをしっかり頭に入れておきましょう。

きれいな家は美観・防犯にも役立つ

外壁塗装の目的は、建物を保護するだけではありません。建物の劣化が進むと、見た目も悪くなっていきます。外壁塗装は美しい見た目を蘇らせるだけでなく、ガラッと雰囲気を変えることもできるので、イメージチェンジを楽しみたい人にもおすすめ。また、外壁が色あせていたり外壁材が剥がれていたりすると、防犯意識が低いと見なされ泥棒に狙われやすくなってしまう可能性もあります。定期的に外壁塗装を行い、泥棒に隙を見せないのも重要なポイントです。

もしも外壁塗装をしなかったら

建物を保護するため、美観を保つために行う外壁塗装をしなかったら、どうなってしまうのでしょうか?後で損をしないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装をしないのはむしろ損

外壁塗装をしないと建物の劣化が進み、メンテナンスだけでは被害が食い止めきれず、大規模な補修工事や建て替えが必要になってくる可能性があります。あくまでも一般的な相場となりますが、30坪の建物を塗装した場合は80万円~、建て替えをした場合は150万円~費用がかかります。また、外壁塗装をしないと、建物の価値資産を下げることにも繋がるため注意が必要です。定期的に外壁塗装をすれば建物を保護し美観も保てるので、「住まいを売却するかもしれない」ということまで考えたうえで行うのが望ましいでしょう。

塗装を行うタイミングとは

ここでは、外壁塗装を行うタイミングを6つご紹介します。

築年数の目安

外壁塗装のタイミングはあくまでも一般的な目安となりますが、新築の場合は築10年前後、塗替えの場合も10年前後といわれています。タイミングは使用している外壁材や塗料によって異なりますが、まずは外壁の耐用年数を確認する必要があります。見た目が変わっていなくても、耐用年数を過ぎたら、外壁塗装を検討する時期だと考え、一度業者に相談してみましょう。

外壁の見た目の目安

外壁塗装で使う塗料はカビやコケなどの栄養素になり付着するため、経年によってどんどん見た目が悪くなってきます。今すぐにメンテナンスを行う必要はありませんが、見栄えを気にする人は早めの塗替えを検討するのが望ましいでしょう。

チョーキング

チョーキングは、塗膜の防水機能が失われることによって起こる現象です。放置すると防水機能がどんどん低下し、建物内部へ水が浸入してしまうため注意が必要。外壁を触ってみて白い粉が手に付着するようならチョーキングの可能性が高いので、1年以内に塗替えを行いましょう。

色褪せ

色褪せは、塗膜表面の劣化によって起こる現象です。色褪せがひどいほど塗料の機能は働いておらず、放置すると塗膜のはがれやふくれにも繋がってしまいます。劣化の初期症状として見られる現象ですが、1~3年以内には塗替えを行うのが望ましいでしょう。

傷・クラック

傷・クラックは、塗装にひびが入る現象です。クラックには、幅0.3mm以下・深さ4mm以下の「ヘアークラック」、幅0.3mm以上の「構造クラック」があります。ヘアークラックの場合は急いでメンテナンスを行う必要はありませんが、構造クラックの場合は建物自体の強度が低下してしまっているため、塗替えではなく早急な補修を行う必要があります。

塗膜のふくれ・はがれ

塗膜のふくれ・はがれは、外壁材と塗装部分の間に空気や水が入り込むことで起こる現象です。ふくれが進行すると、はがれに移行し、下塗りや下地材が露出することで建物内部に水が侵入してきてしまいます。はがれに移行すると補修費用も高額になってしまうので、ふくれが見つかったタイミングで塗替えを行うようにしましょう。

外壁塗装でおうちのケアを

外壁塗装は建物を保護するだけでなく、美観を保ち、防犯意識を高めることもできます。劣化状況によっては自分で補修することも可能ですが、業者に依頼するのが安心でしょう。また、業者であれば、塗替えの時期やベストなタイミングもはっきりするのでおすすめです。当社では、無料でご相談とお見積りを行っています。外壁塗装をお考えの人は、ぜひ一度お問い合わせください。

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ