外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

モルタル外壁塗装の特徴|仕上げ方の違いでおしゃれな外壁を実現!

2021.06.07

モルタルは、特有の味わいを好む方にはおすすめの外壁です。お洒落な雰囲気が出せることから多くの住まいの外壁に使用されていますが、ひび割れしやすいというデメリットも……。そのためモルタル外壁はメンテナンスが必須です!この記事では、モルタル外壁の塗装について詳しく解説しています。外壁にお悩みの方はぜひ弊社へご相談ください。

モルタル外壁の塗装について

モルタル外壁の塗装をしたいと考えている方は、メリットとデメリットをしっかり理解しておく必要があります。

機能性や見た目、耐久年数などを確認したうえで、モルタル外壁を選びましょう。

 

モルタル外壁のメリット

モルタル外壁は耐火性や耐久性に優れており、定期的にメンテナンスを行うことで長く使用することができます。また、サイディング外壁に見られる継ぎ目がないため、劣化しにくいメリットもあります。

さらに、モルタル外壁は機能面だけでなく豊富な色や模様、手仕上げならではの温かみなど、デザイン性や自由度も高く自分好みの外壁にすることのできる特徴があります。金属製の外壁に比べると室内が暑くなりにくいので、夏場は快適に過ごすことができます。

 

モルタル外壁のデメリット

モルタル外壁は耐火性や耐久性は高いですが、防水性が低いため、ひび割れやチョーキングなど劣化しやすいデメリットがあります。綺麗な状態を保つためには、壁の表面を塗装しコーティングしたり、定期的に補修や塗装工事を行う必要があります。

また、見た目も汚れが目立ちやすいという特徴があるため、汚れの付きにくい低汚染塗料を使用することをおすすめしています。モルタル外壁は職人が手仕上げで行う工法になるので、職人の技術力によって出来栄えに差が出やすく、施工期間も長く、人件費や材料費などもかかるので注意しましょう。

 

モルタル塗装でおしゃれな外壁に!

モルタル外壁の塗装には、スタッコ仕上げ・リシン仕上げ・左官仕上げの3種類があります。

3種類の仕上げ方法をご参考にお考えください。

 

スタッコ仕上げ

スタッコ仕上げとリシン仕上げは、スプレーガンを使い塗料を外壁に吹き付けて塗装する方法になります。

スタッコとは骨材とセメント塗料を混ぜた塗料になり、スタッコを外壁に吹き付けることで、厚みのある凸凹とした表面に仕上げることができます。スタッコ仕上げは、耐久年数が10年程度とコストパフォーマンスが高く、塗膜も厚いので重厚感のある外壁を演出することができます。

しかし、表面が凸凹していることで汚れが付きやすく、カビやコケなどが発生しやすいので、定期的に掃除する必要があります。また、再塗装の場合、一般的な外壁塗装の約3倍の塗料が必要となるので覚えておきましょう。

 

リシン仕上げ

リシンとは塗料の中に小さな骨材(石や砂)を混ぜた塗料になり、リシンを外壁に吹き付けることで、スタッコ仕上げより細かく凸凹とした表面に仕上げることができます。リシン仕上げは、通気性が高く湿気を放出しやすいので、日本の住宅におすすめです。

また、リシン材は安いので、工事費用を抑えることができます。しかし、塗膜が薄いのでひび割れが起きやすく放置していくと、住まい全体が劣化してしまうことになるので注意が必要です。

 

左官仕上げ

左官仕上げとはハケやコテで外壁に模様つける方法になり、模様も様々な種類があるので、住まいに合ったデザインを選ぶことができます。

また、職人が1つ1つ手作業で仕上げるので、味のある、お洒落な外壁を演出することができます。しかし、仕上がりは職人によって左右されやすいデメリットがあります。不安な方は、経験を積んだ信頼できる職人に頼むようにしましょう。

 

【外壁塗装の前に】劣化状況の確認を

外壁の劣化状況によっては塗装だけでなく、補修が必要になる場合があるため、定期的に劣化状況を確認する必要があります。

住まいの外壁に以下の現象が見られた場合、業者に相談し工事の必要性を診断してもらいましょう。

 

クラック(ひび割れ)

クラックとは外壁が硬化収縮することによって起きるひび割れになり、ヘアークラックと構造クラックの2種類があります。

ヘアークラックとは幅0.3mm以下、深さ4mm以下のひび割れ、構造クラックとは幅0.3mm以上、深さ4mm以上のひび割れのことを指します。

ヘアークラックの場合、早急に補修する必要はありませんが、そのまま放置しておくと建物内部に雨水が侵入し、腐食や鉄筋のサビが発生してしまうことがあります。たとえ細かいクラックであっても塗装工事を行う際には、下地材による刷り込み作業も行うようにしましょう。

また、構造クラックの場合、建物を支えられなくなる危険性があるため、早急に補修する必要があります。弾力性の高いコーキング材でひび割れを埋める工事を行いましょう。

 

剥がれ、浮き

剥がれ、浮きとは外壁が熱収縮することで、塗装が下地から剥がれたり浮き上がったりする現象になります。この現象が見られる場合、建物を保護する機能がなくなっているということになるので、早急に補修工事を行う必要があります。

 

チョーキング

チョーキングとは外壁の防水性が低下することによって起きる現象になり、そのまま放置しておくと外壁が水分を吸収し、カビやコケが広がってしまう可能性があります。この現象は、外壁を触り手に白い粉がつくかどうかで確認ができるので、白い粉が付いた場合には再塗装をおすすめします。

また、この現象は顔料の使われていない一部の塗装では起こりませんが、基本的に色の付いている塗料では経年劣化とともに起こってしまうので覚えておきましょう。

 

メンテナンスもかねて、ご相談ください

モルタル外壁の劣化状況は、ご自身で見て触り確認できる劣化症状もあります。しかし、劣化状況によっては建物内部まで劣化が進んでおり、ご自身で確認できない場合もあります。

一二三工務店では、無料オンライン相談を行っているので、外壁のお悩みがある方はメンテナンスも兼ねてお気軽にご相談ください。

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ