外壁・屋根塗装、リフォームのことなら一二三工務店

お問い合わせ

お気軽にご相談下さい

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

0120-197-633

受付時間 9:00~18:00 (日・祝日除く)

お知らせ

システムキッチンリフォーム|費用相場や業者選びのポイントを解説

2021.07.26

「システムキッチンのリフォーム費用は?」「どんな業者を選べばいいの?」と不安のある方も多いでしょう。理想のキッチンリフォームが実現できるよう、リフォーム前にはシステムキッチンの知識や費用相場をしっかりチェックしておくことが大切です。注意すべきポイントを押さえ、信頼できる業者にリフォームを依頼しましょう。

【基礎知識】システムキッチンのタイプ

システムキッチンをリフォームする前に押さえておきたいのが、型とレイアウトのちがいです。以下の型とレイアウトのちがいを参考に、作業効率を上げることはもちろん、ご自身のライフスタイルに合わせたシステムキッチンを選びましょう。

 

 型(スタイル)のちがい

I型キッチン…コンロ・シンク・調理台が横一列に並んだキッチン

シンプルかつスタンダードなタイプとなっており、一般的な住宅でよく使われているキッチンです。作業導線は横一直線なので場所を取らず、設置スペースが限られている住宅にもピッタリです。

また、価格はリーズナブルなものが多く、他のキッチンと比べて材料費や加工費がかかりません。

L型キッチン…コンロ・シンクが90度に向かい合ったキッチン

L型キッチンにはキャビネットが2つあるため、作業導線も短く調理の作業効率もアップするメリットがあります。I型キッチンより大きく、作業スペースを広く使えるので、家族や友人など複数人で作業するのにもおすすめです。

しかし、コーナー部分が使いづらくデッドスペースになってしまうデメリットがあるため、うまく活用できるように工夫する必要があります。

アイランド型キッチン…壁から離れ独立したキッチン

開放感が大きな魅力となっており、キッチンの周りを動きやすく、最短距離でダイニングへ料理を運ぶことができます。

アイランド型キッチンは存在感がありますが、他のキッチンと比べて非常に広い設置スペースが必要なので、部屋の間取りによっては設置できないこともあります。価格も高いので、部屋の間取りや予算と合わせてお考えください。

ペニンシュラ型キッチン…片側が壁に接しているキッチン

アイランド型キッチンと違い、左右どちらかを壁につけるレイアウトなので、スペースをうまく使えるメリットがあります。コンロは壁側に設置できるため選べる換気扇の種類も多く、油はねやニオイを抑えてくれます

バリエーションも豊富なため、カフェのようなお洒落な空間を演出できるでしょう。

 

レイアウトのちがい

壁付キッチン…キッチンが壁に接しているタイプのレイアウト

壁に向いて調理することになるので、調理に専念できるメリットがあります。また、ダイニングテーブルとの導線も短くキッチンワークを効率よくこなせるので、利便性を重視したい人に適したレイアウトです。

しかし、リビングやダイニングから丸見えになってしまうため、キッチンを見られたくない人は対面式にして手元を隠せるように工夫しましょう。

センターキッチン…シンク・コンロ・調理台が壁に接していないオープンスタイルのレイアウト

キッチンにいる人だけでなく、ダイニング側の人も調理や配膳を手伝えるメリットがあります。また、キッチンにいながらリビングやダイニングを見渡せるので、小さなお子様がいるご家庭でも安心です。

コミュニケーションを取りながら、調理を行いたい人に適したレイアウトです。

造作壁対面キッチン…キッチンとダイニングが壁で仕切られているセミオープンスタイルのレイアウト

落ち着いて調理できるようにコンロの前には壁が設けられていますが、キッチンの半分はオープンになっているので、ほどよい開放感を感じられます。また、調理台のダイニング側に腰壁がついているので、来調理中の手元を隠せるメリットがあります。

パーテーション対面キッチン…キッチンの周囲をカウンターやパネルで囲んでいるタイプのレイアウト

ダイニング側からはキッチンが見えないので、調理中の散らかりが気にならないメリットがあります。また、手元を隠しながらコミュニケーションもとれるため、来客があるときにもおすすめです。

機能性にも優れており、油はねや水はねなどを防ぐことができるレイアウトです。

 

システムキッチンリフォームの費用相場

システムキッチンリフォームの費用相場は、50~150万円程度です。しかし、費用はリフォームの内容によって、相場より高くなる場合もあるため注意が必要です。

そこで、今回はキッチンの位置を変えない場合と変える場合の費用を詳しく解説します。

 

キッチンの位置を変えない場合

システムキッチンの交換や、部分的な工事など移動を伴わない場合の費用は50~150万円程度です。

例えば、シンプルなI型キッチンへ交換する場合は50万円前後、I型キッチンのグレードを上げたりキッチンの型を変更したりする場合は100万円前後になります。費用は、キッチンの形状やグレードによって変動するため、予算と合わせてお考えください。

 

キッチンの位置を変える場合

一方、LDKに変えたり、壁付けキッチンをアイランドキッチンに変えたりと移動を伴うリフォームの場合、費用は150万円以上かかることがあります。

キッチンの移動には、配管・配線・内装などの様々な工事が必要になるので、ほとんどのケースで追加料金が発生します。また、1階から2階へキッチンを移動する場合には、新しくキッチンを設置するスペースを確保するため、壁の取り壊しを行うこともあるのでさらに費用は高額になります。

しかし、建物の構造上の問題により、キッチンを移動できないケースもあるので、リフォーム前に必ず会社に相談しましょう。

 

業者選びに失敗しない!3つのポイント

失敗しないシステムキッチンのリフォームを行うためには、信頼できる業者に依頼することが重要です。

業者選びに失敗しない3つのポイントを押さえ、お洒落で使いやすいシステムキッチンにリフォームしましょう。

 

1.フォロー体制の充実度

リフォームが無事に完了しても、何か月・何年経ってから欠陥が見つかることもあるため、手厚いアフターフォローを行っている業者がおすすめです。

フォロー体制が充実している業者は、定期的にメンテナンスや点検を行ってくれるところもあり、なにかあったときにすぐ駆けつけてくれるので安心です。フォロー体制がないと、トラブルにもなりかねないので注意しましょう。

 

2.丁寧で親切な対応力

こちらの意見や質問に対し、丁寧で親切な対応をしてくれる業者かどうかも重要なポイントです。中には、こちらの意見に耳を傾けず着工する業者もあるため注意が必要です。

そのまま着工してしまうと、不満足な結果になってしまうこともあるため、こちらの意見や質問に対し、丁寧に答えてくれる業者を選びましょう。

 

3.わかりやすい見積もり

見積もりの内容は「施工費」「材料費」「諸経費」で構成されています。しかし、業者によっては内訳や詳細を記載していないところがあります

総額ばかりが気になってしまいがちですが、何にいくらかかっているのかを把握しておくことは重視なので、費用の内訳や詳細について細かく説明してくれる業者を選びましょう

 

”相性のよいリフォーム業者を選ぼう◎

以上のポイントを抑えたうえで重要なのが、担当者・業者との相性の良さです。不安なことがあるとき、迷っているときに、気軽に相談できる相手であれば安心感があります。

リフォーム内容によっては長期間やり取りする必要があるため、気持ちよくリフォームを行えるようなリフォーム業者を選びましょう!

 

無料お見積り・資料請求なら
お気軽にご相談ください

無料お見積り依頼
お問い合わせ